デジタルカメラの心臓になる工学部門で有名な新亜光学

光学部品を作るには高い技術が必要

この光学部品に関しては主にレンズ部分の部品とシャッター部分、絞りの部分という三種類の部品が大きくものを言います。
レンズはまさしくカメラの画質の良さを体現している部品で、特にドイツと日本のレンズは世界一の座を争う品質を提供し続けています。
次に絞りの部分ですがレンズに入る光量を調節する人間でいえば瞳のような役割をしており、レンズの実力を発揮するための補助のような役割を果たしています。
次にシャッター部品ですがこれこそがカメラの心臓部といえる部品であり、これなしではレンズも全く役に立ちません。
特に光量を電子制御するデジタルカメラではこのシャッターユニットがすべてといってよく、ここがフィルム以上に重要視される部分になってきます。

業界の中で評価が高いのが新亜光学工業

このレンズなどの光学関連の会社の中で現在非常に注目を浴びている業界では有名な企業があります。
新亜光学工業株式会社という会社で業界ではトップに位置する企業として非常に有名です。
創業は20年ほど前と歴史的にはまだ若い会社ですが、その高い技術力で瞬く間に業界のトップの評価を獲得している優秀な会社です。
この会社の基本となる事業はデジタルカメラの最重要部品である光学系の部品を製作することがメインになっており、光に関することを多種多様に手掛ける会社でもあります。
メインとなるデジタルカメラの主要部品に関しては中国法人とのパイプも持っておりその技術を海外に輸出もしています。
日本のみならず海外でもその技術が評価されている新亜光学工業は真の業界トップといってよいでしょう。